前橋育英2年・皆川 最遅83キロスローボール幻惑 7回零封

[ 2016年5月25日 05:30 ]

<前橋育英・関東第一>7回1死まで無安打投球と好投した前橋育英・皆川

春季高校野球関東地区大会準決勝 前橋育英8―0関東第一

(5月24日 上毛新聞敷島)
 前橋育英(群馬)の2年生右腕・皆川がセンバツ出場の関東第一を7回を1安打無失点に封じた。

 直球の最速は134キロながら「最遅」83キロのスローボールを織り交ぜて打者を幻惑し、7回1死まで無安打。「(記録は)5回くらいから気づいたが、意識しないで丁寧に投げた。チームに貢献できてうれしい」。荒井直樹監督も「夏は投手が何枚かいた方がいい。(皆川が)公式戦で勝てたのは大きい」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月25日のニュース