青木 今季中の復帰なし正式決定 指揮官「出場する状態ではない」

[ 2015年10月4日 05:30 ]

8月9日のカブス戦で頭部に死球を受けたジャイアンツ・青木(AP)

 頭部死球による脳振とうの後遺症で離脱しているジャイアンツ・青木が、今季の残り2試合で復帰しないことが正式に決まった。

 ブルース・ボウチー監督が「だいぶ良くなっているが、試合に出場する状態ではない」と明かした。1日にピッツバーグで2度目の診察を受けた青木は「90%くらい治っていて日常生活には問題ないが、野球をするにはやっぱり100%じゃないと。今はリハビリをやって来年に備えたい」と説明。メジャー4年目の今季は93試合で打率・287、5本塁打、26打点、14盗塁だった。 (サンフランシスコ・石井孝尚通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース