2軍も強い!ソフトBファーム日本一 3冠右腕の岩崎がMVP

[ 2015年10月4日 05:30 ]

<巨・ソ>2年ぶりにファーム日本選手権を制し、喜ぶソフトバンクナイン

ファーム日本選手権 ソフトバンク2―0巨人

(10月3日 サンマリン宮崎)
 プロ野球のファーム日本選手権は3日、サンマリン宮崎で行われ、ウエスタン・リーグ覇者のソフトバンクがイースタン・リーグ覇者の巨人に2―0で競り勝ち、2年ぶり3度目の優勝を果たした。MVPには7回0/3を6安打無失点に抑えたソフトバンク・岩崎翔投手(25)が選ばれ、賞金50万円を獲得した。

 ソフトバンクの選手層の厚さを見せつける優勝だ。先発の岩崎は7回まで巨人打線を5安打無失点。8回に安打と四球でピンチを迎えたが、2番手・東浜が大田、和田を三振に仕留める好リリーフで後続を断った。

 「一発勝負の大事な試合でしたから、全力でいきました」と振り返った8年目の岩崎は1軍定着を期待されながら、ファーム暮らしが大半。それでも工藤監督から出された宿題に取り組み、ウエスタン・リーグでは10勝、勝率・833、防御率1・66で3冠に輝いた。MVPにも「1軍でやれていない悔しさが強い」。2人はポストシーズンでの登板を目指す。水上監督は「圧倒的な力を見せて抑えてくれた。これで1軍の選手も、うかうかしてられないと思うだろう」と称えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース