三浦 3回KOで6敗目…最終戦飾れず「選手の責任」

[ 2015年10月4日 05:30 ]

<D・巨>3回2死三塁、長野に中前適時打を浴びる三浦

セ・リーグ DeNA5-7巨人

(10月3日 横浜)
 DeNA先発の三浦は3回4失点KOで今季6敗目。全体的に制球が高く「球が走らなかった。悪いなりに踏ん張らないといけないのにそれができず悔しい」と振り返った。

 最終戦は白星で飾れなかったが、今季はチームで久保に次ぐ6勝と41歳右腕は健在だ。投手兼任で次期監督の候補に挙がるが「それは特に何も話すことはない」。一方で、指揮官の辞任については「中畑監督に申し訳ない。やっている選手の責任。お客さんがこれだけ来ているので結果に結びつけないと」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース