工藤監督 3年ぶり6連敗気にせず「今が絶好調の方が不安」

[ 2015年10月4日 05:30 ]

<オ・ソ>8回2死、見逃し三振に倒れて絶叫する柳田

パ・リーグ ソフトバンク0-5オリックス

(10月3日 京セラD)
 ソフトバンクは打線が今季最少の2安打と沈黙し、6月12日広島戦(ヤフオクドーム)以来の零敗を喫した。

 3年ぶりの6連敗。リーグ2連覇した圧倒的な強さに陰りが見えるが、工藤監督は「打てないとそれぞれが危機感を持って練習する。今が絶好調の方が不安だよ」と気にするそぶりはなかった。90勝にあと1勝と迫りながらの黒星続きで残りは2試合。指揮官は「連敗を止めれば、みんなに不安じゃないのを納得してもらえる」と意気込みを示した。

 ▼ソフトバンク・柳田(左膝裏の死球で欠場が続き、8回に代打で6試合ぶりに出場し見逃し三振)楽しかった。スイングはできている。あとは切れ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース