広島 自滅でCS進出崖っ縁…残り2連勝しか道なくなった

[ 2015年10月4日 05:30 ]

<広・ヤ>8回2死一、二塁、3失点で同点となりぼう然とする大瀬良

セ・リーグ 広島4-6ヤクルト

(10月3日 マツダ)
 広島は自滅で連勝が5で止まり、CS進出へ残り2連勝しか道がなくなった。緒方監督は「取らなきゃいけない試合だった」と無念を吐き出した。

 4―1の8回、大瀬良が山田を四球で歩かせ、2死二塁から雄平の投ゴロを失策。今浪の右前打で1点を返されると、中村にも右前適時打を浴び、この時に野間の本塁返球が悪送球となって同点とされた。延長11回はヒースが3四球で満塁とし、代わった一岡が三輪に右前打、さらに押し出し四球で万事休した。

 「タイトルが懸かっていたジョンソンにも、チームにも申し訳ない…」と大瀬良。先発左腕は前田健に並ぶリーグ最多の15勝目を失った。4日の阪神戦(甲子園)は先発・黒田。土俵際で登板する40歳は「阪神だろうとどこだろうと、勝っていかないといけない。9月に入ってずっと、そういう戦いをしてきた」と必勝を期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース