原監督「CSでは原点で」 勝呂三塁ベースコーチが復活

[ 2015年10月4日 05:30 ]

<D・巨>2回1死二塁、亀井の適時打で生還した長野を迎える原監督(右)

セ・リーグ 巨人7-5DeNA

(10月3日 横浜)
 リーグ4連覇を逃してから一夜明け、巨人が快勝でCSに向けて再スタートを切った。坂本が3回に二盗を決めて4年連続2桁盗塁を達成するなど、打線は3盗塁を絡めて12安打7得点。

 三塁ベースコーチには8月末から務めていた川相ヘッドコーチに代わって勝呂内野守備走塁コーチが復帰し、原監督は「あえて原点回帰した。CSでは原点でスタートしたい」と説明した。4日のヤクルトとの今季最終戦(東京ドーム)は内海が約1カ月半ぶりに先発。最優秀防御率タイトルを獲得するチャンスがあれば菅野が中継ぎ登板する可能性もある。

 ▼巨人・宮国(1回2/3を1安打無失点でプロ初セーブ)点を取られないようにと思い投げた。価値ある登板だったので良かった。

 ▼巨人・長野(4打数2安打1打点、1盗塁)しっかり調整していきたいです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース