巨人・原監督の去就はPS終了後 球団会長があらためて方針示す

[ 2015年10月4日 07:07 ]

<D・巨>厳しい表情で選手交代を告げる原監督
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人7-5DeNA

(10月3日 横浜)
 巨人は、今季限りで2年契約が満了する原監督の去就について、桃井恒和球団会長が「(白石興二郎)オーナーが言っているように、全てが終わってから」と説明。ポストシーズン終了後、総合的に判断する方針をあらためて示した。

 この日の試合前、堤辰佳GMとともに、これまでの戦いをねぎらい、ポストシーズンに向けて激励。指揮官は契約の話題は出なかったとし「もっともっと大事なものがある。そういうところに一点集中していく」と3年ぶりの日本一へ全力を注ぐ。また、桃井会長は、原監督による渡辺恒雄球団最高顧問、白石オーナーへの定例のシーズン終了報告について「月曜日くらいになる」と、5日にも行われる見通しを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース