レッズ 2年連続低迷も指揮官の続投決定 GMが明言

[ 2015年10月4日 14:21 ]

レッズのブライアン・プライス監督 (AP)

 レッズは3日、ブライアン・プライス監督(53)が来季も引き続きチームの指揮を執ると発表した。

 プライス監督は名将ダスティ・ベイカーの後を受け、14年からチームと3年契約を結んでいるが、初年度の昨季は76勝86敗でナ・リーグ中地区4位、今季も1試合を残して64勝97敗の成績で地区最下位と低迷。

 しかし、ジョケッティGMは「数週間のうちにコーチングスタッフを含め、正式発表がある」とメディアの前でプライス監督の続投を明らかにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月4日のニュース