千葉商・長嶋 無四球完封!ランニング効果で3試合連続完投

[ 2015年7月16日 05:30 ]

<柏南・千葉商>無四球完封で3戦連続完投した長嶋

第97回全国高校野球選手権千葉大会3回戦 千葉商2-0柏南

(7月15日 千葉県営)
 2年生エースは、最後まで涼しい顔で投げ切った。千葉商の右腕・長嶋が柏南相手に6安打無四球完封。「疲れからか、少し制球が甘い部分があったので、気持ちで投げた」と胸を張った。

 1回戦で同じ名字の巨人・長嶋茂雄終身名誉監督の母校・佐倉相手に完投勝利。そこから3試合連続完投の快進撃だ。冬場は学校周辺の1周1キロのコースを朝の自主練習で5周し、全体練習でも10周。15キロの走り込みで下半身が安定した。「甲子園に行くため、と常に思って走った」と過酷なランニングをこなした。

 杉脇義久監督は「ロースコアになることは予想していた。長嶋は丁寧に低めに投げていたことが良かった」と目を細めた。「3年生と一日でも長くやりたい」と長嶋。先輩とともに77年以来38年ぶりの甲子園出場を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース