DeNA98年V以来の首位ターン V確率は66%

[ 2015年7月16日 05:30 ]

<D・巨>7回1死一、二塁、大田の左前打で二走・鈴木はホームを突くもタッチアウト。捕手・高城

セ・リーグ DeNA3-2巨人

(7月15日 横浜)
 DeNAがサヨナラ勝ちで6月2日以来の単独首位に浮上。64、98年に次ぎチーム17年ぶり3度目の前半戦首位ターンを決めた。

 前半戦最終試合で首位を奪ったのは62、76年阪神、00、04年西武、昨年オリックスに次いで6度目。サヨナラ勝ちで浮上したのはDeNAが初めて。また、球宴が始まった51年から昨年までの64シーズンでセの前半戦首位が優勝は42度ありV確率は66%。チームでは64年は優勝した阪神に1ゲーム差の2位、98年は2位中日に4ゲーム差をつけ優勝しているが今季はどうか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース