ロッテの69歳、フレッシュ球宴「選出」 意気込む池田打撃投手

[ 2015年7月16日 18:21 ]

 若手選手が出場するフレッシュオールスター(18日、倉敷マスカット)に、ロッテから69歳の超ベテランが「選出」された。もちろん選手ではなく、池田打撃投手。プロ野球界最年長の打撃投手で、御年は69歳だ。

 昨季のイースタン・リーグでロッテが優勝したため、今回のフレッシュオールスターでも多くのチームスタッフが派遣されている。池田打撃投手は13年以来、2年ぶりの参加。岡山を訪れるのは45年ぶりだそうで「当時はオープン戦で岡山に来た。平松選手と間違えられて、差し入れをいただいた思い出があるね」と懐かしそうに回想した。

 今回は50歳以上も年下の選手を相手に打撃投手を務めるが「18歳、19歳を相手に投げることもある。孫みたいな年だよね。こっちもフレッシュな気分になりますよ」。16日は台風の影響で中止になり、17日に順延となった。日本一フレッシュな69歳は「呼んでいただけてありがたい。17日は(試合が)やれるといいね」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース