間に合うか?今年もドラ1がいまだ未契約「よい対話ができている」

[ 2015年7月16日 21:09 ]

全体1位でダイヤモンドバックスが指名したバンダービルト大のダンスビー・スワンソン内野手 (AP)

 米複数メディアは15日、先月行われたメジャーリーグのドラフト会議でダイヤモンドバックスから全体1位指名を受けたバンダービルト大のダンスビー・スワンソン内野手(21)が同日までに契約に至っていないことを伝えた。

 17日の契約期限が迫っているが、指名上位10人の中でいまだに契約合意に達していないのはスワンソンのみ。昨年の全体1位指名選手で、「高校球界最高」と称されたブレイディ・エーケン投手はアストロズと最後まで折り合いが合わずに期限を迎えてしまった。

 2年連続で全体1位指名選手が契約書にサインをしないのではと周囲は懸念するが、ダイヤモンドバックスのフロントは「スワンソン側と非常によい話し合いができている。お互いのコミュニケーションはしっかり取れているよ」とその不安を一蹴した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース