【セ監督総括】中畑監督「最後までもつれてほしいというのが本音」

[ 2015年7月16日 06:15 ]

<D・巨>首位ターンを決めた中畑監督はファンと喜びを分かち合う

 【前半戦終了 セ・リーグ監督総括】

 ▼1位DeNA・中畑監督 浮き沈みがあってジェットコースターみたいなシーズン。ウチは全員野球だから、ケガ人が出たときにカバーできるかがポイント。最後まで(優勝争いが)もつれてほしいというのが本音。そこに食い込みたい。

 ▼2位巨人・原監督 前半戦のような戦い方では到底われわれの目標とするものは達成できない。まだ上乗せすることは多く、課題はあるという中で後半戦を迎えるということですね。投打ともに?もちろんそう。投打ともにということです。

 ▼3位阪神・和田監督(MVPを挙げるならば)投手では藤浪、福原、野手では福留。チームとしてはどれだけ我慢できるか、というところで踏ん張れた。選手も状態を上げようと、必死にやってくれた。今は順位より貯金を増やしたい。

 ▼4位ヤクルト・真中監督 借金はあるが、上位とも大きく離れていない。よくついていって粘れている。つまらないミスや与えてはいけない点で負ける試合も多かったので、そこをしっかりできれば。後半戦はもっとしつこくいきたい。

 ▼5位広島・緒方監督 開幕直後の大きな連敗から始まって、そこから足りないものが見えてきて、少しずつ修正をしてきた。彼らに責任を背負わせるわけじゃないけれど、キクマル(菊池、丸)が後半戦のキーマンになってくる。

 ▼6位中日・谷繁兼任監督 借金を抱えて前半を終えたわけだから良くはない。ゲーム差は小さいけど、その前に自分のチームの借金を一つ一つ返していかないと。まずそこから。若手起用というより、うちは今、全員で戦わないといけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース