オリ・ディクソン 今季最短7失点KO 天敵ロッテに1勝8敗

[ 2015年7月16日 05:30 ]

<オ・ロ>5回途中7失点で降板するディクソン(右)に声をかける高山コーチ

パ・リーグ オリックス5-10ロッテ

(7月15日 京セラD)
 オリックス・ディクソンが11安打7失点と打ち込まれて、4回1/3で今季最短でKOされた。

 「調子自体は良かったが…。野手の間を抜ける当たりが多くなってしまった」。得意のナックルカーブを捉えられる場面が多く、3回までに4失点を喫した。打線が1点差まで追い上げた5回にも3点を奪われた。これでロッテには通算1勝8敗。チームトップの8勝を挙げ、抜群の安定感を誇ってきた右腕だが、天敵を相手に前半戦最後の試合を飾れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース