セ・リーグ混戦 首位でも貯金ゼロ 史上最少6位まで4差

[ 2015年7月16日 10:35 ]

<D・巨>首位ターンを決めた中畑監督はファンと喜びを分かち合う

 セ・リーグはDeNAが42勝42敗1分けの貯金0ながら首位。球宴が行われるようになった51年以降、前半戦首位チームで最も貯金が少なかったのは(2期制時は除く)、53年大映、南海、92年巨人、00年西武の各6。今季のDeNAは最少で、史上初の勝ち越しチーム不在となった。

 また1位のDeNAから6位の中日までわずか4ゲーム差。これまでのセ、パで、前半戦終了時に全チームが最も接近したのは、93年セの6ゲーム差となっており、今季のセは最少差の混戦になっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月16日のニュース