ソフトB大隣 自身3連敗「つかみきれないままに終わった」

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<中・ソ>4回2死一塁、荒木の遊撃内野安打と今宮の悪送球の間で4点目を許しガックリの大隣(右)

交流戦 ソフトバンク3-4中日

(5月26日 ナゴヤD)
 ソフトバンクの大隣は4四球と制球難だった。5回4失点で自身3連敗。

 「悪いなりに何とかしたかったが、つかみきれないままに終わった。同じ失敗をして情けない」と下を向いた。3回1死二、三塁でルナにチェンジアップを中前にはじき返され、2点の先制を許した。1点差に迫った4回にも先頭エルナンデスに甘く入ったスライダーを左翼席に運ばれた。工藤監督は「もう一度初心に戻ってやってほしい」と注文を付けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース