駒大・東野完封!緩急巧みに8K 中大2位、国学院大3位確定

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<駒大・国学院大>今季2度目の完封勝利を挙げた駒大・東野

東都大学野球最終週第1日 駒大3―0国学院大

(5月26日 神宮)
 1回戦1試合が行われ、駒大が国学院大を3―0で下し先勝した。東野(ひがしの)龍二投手(2年)が8安打を許しながら8三振を奪う力投で自身2度目の完封。今季3勝目を挙げた。この結果、中大の2位、国学院大の3位が確定した。

 駒大・東野が緩急を効果的に使い完封勝利。5回1死一、三塁では左打者に直球勝負を挑み、2者連続見逃し三振に斬った。「最初はばたついたが、中盤以降はスイスイいけた」と笑顔を見せた。また、開幕前に左肩を痛め、ベンチから外れた今秋ドラフト候補のエース左腕・今永について、西村亮監督は「状態が上がってこない。(今季の登板は)ないです」と説明。今永はユニバーシアード夏季大会(7月、韓国・光州)の日本代表メンバーに入っているが「シーズンが終わってから(日本代表の)善波監督に報告します」とした。

 ▼国学院大・山崎(右手首骨挫傷から復帰し2安打、首位打者に望み)不安はあったが、無我夢中でやった結果。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース