楽天“初顔”岩田に沈黙…今季4度目零敗、甲子園連勝止まる

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<神・楽>5回の攻撃前、大久保監督(中央)を中心にベンチ前で円陣を組む楽天ナイン

交流戦 楽天0-3阪神

(5月26日 甲子園)
 楽天打線が岩田の前に散発3安打と沈黙し、今季4度目の零封負けを喫した。12年から続いた、甲子園での阪神戦の連勝も6でストップした。

 大久保監督は「初めて当たる投手で、そう簡単に打てなかった」と脱帽。5回の攻撃前には円陣を組み、指揮官自らナインに指示を送ったが、実らなかった。これで相手先発が左腕の試合は3勝8敗1分け。指揮官は「負けた時の方が検証できて勉強になる」とプラスに捉えた。

 ▼楽天・塩見(7回途中3失点も2敗目)初回からドタバタしてリズムを悪くしてしまった。(同じ中学の先輩である)岩田さんには完敗です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース