西武・森 反省3三振「大振りになってしまいました」

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<巨・西>5回1死、森は空振り三振に倒れる

交流戦 西武1-11巨人

(5月26日 郡山)
 打撃力を買われて、1軍では初めて外野で出場した西武の森は、初対戦の菅野の前に3打席連続三振と完敗した。第1打席から最後はカーブ、フォーク、スライダーと異なる変化球を豪快に空振り。

 ここ4試合で13打数無安打となり「大振りになってしまいました。コンパクトにいかないと…」と反省を口にした。右翼の守備では8回に大田の飛球を左腕を伸ばしてキャッチ。右前打3本と合わせて、計4度の守備機会を無難にこなした。風の強い地方球場での外野手デビューに「難しかったですね。落下地点を判断するのが難しかった」と話した。

 ▼西武・十亀(3本塁打を浴びて5回7安打7失点KO)気持ちを切り替えられなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース