山田が8戦連続複数安打!リーグ記録に2「どうせならいきたい」

[ 2015年5月27日 23:51 ]

<ヤ・日>8戦連続マルチヒットの山田

交流戦 ヤクルト5―5日本ハム

(5月27日 神宮)
 ヤクルトの山田が8試合連続で複数安打をマークした。1回に初球を左前へ運ぶと、4回も初球を強振して三塁線を破る二塁打。6回は3ボールからの4球目を適時二塁打として思い切りの良さを見せつけ「調子は良い」と胸を張った。

 リーグ記録は1952年に阪神の後藤次男が記録した「10」。山田は昨季の交流戦では打率3割7分8厘で史上最年少の21歳で首位打者に輝くなど相性がよく、記録更新の期待が膨らむ。「どうせなら10試合にいきたいが、欲を出さずにコツコツいきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース