18回5時間28分激闘制した!明治安田生命 竹内和サヨナラ弾

[ 2015年5月27日 05:30 ]

都市対抗野球2次予選、東京第1代表決定トーナメント1回戦 明治安田生命2―1NTT東日本

(5月26日 大田)
 明治安田生命は延長18回の末、竹内和のサヨナラ本塁打でNTT東日本を下した。

 5時間28分の激闘を終え、林裕幸監督は「2試合分ですね。選手は辛抱強く、みんなよく頑張った。勝つのは本当に難しい」と疲れ切った様子で振り返った。守っては4投手による継投で最少失点でしのいだ。3年ぶりの都市対抗出場へ向け、指揮官は「次も頑張ります」と29日の2回戦、鷺宮製作所戦へ目を向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース