中日 ドミニカコンビで連敗止めた!ルナ先制打&エル4号ソロ

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<中・ソ>4回無死、エルナンデスは左越えに本塁打を放ち長嶋コーチ(左)とタッチ

交流戦 中日4-3ソフトバンク

(5月26日 ナゴヤD)
 助っ人の力で、悪い流れを断ち切った。4番・ルナ、7番・エルナンデスのドミニカン・コンビが奮起。交流戦初戦を競り勝ち、連敗を3で止めた。

 日本での先輩格、ルナがまずは見せ場をつくる。3回1死二、三塁から先制の2点適時打が中前で弾む。「1打席目にファウルで粘り、全ての球種を見られた」。好機に併殺打を放った第1打席のリベンジ成功。そして4回に1点を返されたその裏、今度はエルナンデスのバットが快音を放つ。121キロのカーブを強振し、打球は左翼席中段へ。「2球連続でカーブがきたけど、2球目はうまくためて打てた」。技ありの一本に、口元がほころんだ。

 そして頼れるベテラン和田が今季初昇格し、いきなり「5番・左翼」で先発出場。今季初ヒットを放ち、通算2000安打へ「14」と数字を縮めた。「苦しい展開だったが、なんとか勝って良かった」。谷繁兼任監督も久しぶりに笑顔を見せた。

 ▼中日・バルデス(本拠地ナゴヤドームで来日初勝利となる2勝目に) 調子は悪くなかったが、コントロールがアバウトだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース