阪神・藤浪131球13K熱投も…0―0のまま延長10回で交代

[ 2015年5月27日 21:17 ]

<神・楽>延長11回、サヨナラ本塁打の福留(左)を祝福する藤浪
Photo By スポニチ

交流戦 阪神2―0楽天

(5月27日 甲子園)
 阪神・藤浪が131球の熱投も、打線の援護なく0―0の延長10回で交代。勝敗はつかず、チームは延長11回に福留の中越え2ランでサヨナラ勝ちした。

 ここ2試合連続完投勝利と好調の藤浪は、この日も初回から150キロ台を連発する圧巻の投球。131球を投げ、13三振を奪う力投で10回を4安打無失点。14日のヤクルト戦(神宮)からの連続イニング無失点は26に伸びた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース