和田にスタンディングオベーション!好投も今季初勝利お預け

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<カブス・ナショナルズ>ファンからスタンディングオベーションを送られる和田

ナ・リーグ カブス1―2ナショナルズ

(5月25日 シカゴ)
 カブス・和田は今季2度目の先発で5回1/3を4安打1失点と好投。同点の場面で降板し、今季初勝利はならなかった。

 初回、先頭打者弾を浴び「前回より真っすぐが行ってないなと感じた」と丁寧に低めを突く投球を心掛けた。4回まで毎回の6三振を奪うなど、2回以降は無失点。ジョー・マドン監督は「両サイドを使った素晴らしい投球」と称えた。降板時には本拠地の3万8463人の観衆がスタンディングオベーション。和田は「これからどんどん投げて信頼を勝ち取っていくしかない」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月27日のニュース