ロッテ デスパイネ、先制8号ソロも…走塁で負傷し途中交代

[ 2015年5月27日 23:00 ]

交流戦 ロッテ8―4広島

(5月27日 マツダ)
 ロッテのデスパイネが2回に先制の8号ソロを放った。高めの143キロを捉えた打球は低い弾道のまま伸び、中越えに届いた。パワーを見せつけた一発に「自分のスイングでしっかりと芯で捉えることができた」と納得していた。

 ただ、その後の走塁で脚を負傷し、途中交代。伊東監督は「左膝の靱帯を伸ばした感じ。(本人は)最後まで行く気でいたけど(代えた)」と説明した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年5月27日のニュース