オリックス 痛い逆転負け…先発・東明粘投も継投策実らず

[ 2015年5月27日 22:14 ]

交流戦 オリックス2―4DeNA

(5月27日 横浜)
 オリックスは痛い逆転負けを喫した。1点リードの7回から登板した塚原が先頭打者に本塁打を浴び、さらに1死一、二塁で勝ち越し点を献上した。「もっと慎重にいかないといけない場面だった」と悔しさをにじませた。

 尻上がりに調子を上げていた先発の東明が2―1の6回1死で二塁打を浴びると、すぐに交代を命じた。だが、継投策が実らず、森脇監督は「こういう試合で勝ちをもぎ取る強さがないといけない」と表情を曇らせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年5月27日のニュース