巨人・鈴木「何かの間違いかと」 代走なのに地元で登場曲流れた

[ 2015年5月27日 05:30 ]

交流戦 巨人11-1西武

(5月26日 郡山)
 福島県相馬市出身の巨人・鈴木に、この日一番の大歓声が注がれた。両親ら家族も応援に訪れる中、7回2死、安打を放った亀井の代走で出場。

 通常は打席に入る際にしかかからない登場曲が流れるサプライズに「何かの間違いかと思いました」と照れ笑い。大量得点差ということもあり盗塁を企画するシーンはなかったが、地元の大歓声と拍手に「うれしかったです」と目尻を下げていた。

 ▼巨人・吉川(中日を戦力外になり今季から加入。6回の代走から初出場)ちょっと緊張しました。次は思い切ったものを出せるようにしたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月27日のニュース