中日・和田 今季初出場で1安打 2000安打へ再出発

[ 2015年5月27日 05:30 ]

<中・ソ>5回1死、和田は左前打を放つ

交流戦 中日4-3ソフトバンク

(5月26日 ナゴヤD)
 通算2000安打まで残り15本と迫った昨年8月に、死球で右手を骨折して離脱。調整が遅れていた中日・和田が、今季初出場で1安打を放った。

 止まっていた記録への時計の針がようやく進み「ベストは尽くせた。ヒットもだけど、勝てたことが一番良かった」と実感を込めた。

 ナニータが腰痛で登録を抹消され、平田が練習中に体の違和感を訴えた影響などで、いきなり「5番・左翼」で先発。「出場する準備はしてきたが、(記録を考える)余裕はない」と言うも、3打席目に変化球にタイミングを崩されながらもしっかり体を残して左前に運んだ。チームの連敗は3で止まった。左翼の守備も危なげなくこなした。谷繁兼任監督は「これまでの実績はあるし、ファームで試合にも出ているので試合勘も大丈夫だ」とほっとした様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月27日のニュース