富田勝さん死去 明大ライバル星野氏「まだまだ遊びたかった」

[ 2015年5月27日 05:30 ]

69年、中日・星野(右端)の結婚式に出席した(左から)山本、富田、田淵
Photo By スポニチ

 南海(現ソフトバンク)や巨人などで内野手として活躍した富田勝(とみた・まさる)氏が26日午後5時32分、肺がんのため大阪市の病院で死去した。68歳だった。法大時代は田淵幸一(68=スポニチ本紙評論家)、山本浩二(68)の両氏とともに「法政三羽ガラス」と呼ばれるなど活躍。東京六大学野球の黄金時代を支えた。4球団を渡り歩いたプロ野球でも史上2人目の全球団本塁打を達成。ファンの記憶に深く刻まれた名選手が逝った。

 ▼楽天・星野仙一シニアアドバイザー 六大学の頃から一緒にほんま、よう遊んだ。(13年に見舞いに行き)それからは月に1回は電話がかかってきて、最近は「俺もうアカンわ」なんて言ってたけど、まさかなあ、まだ早いやろう…。大学の時からシュアなバッティングで、プロでは田淵よりも、(山本)浩二よりも伸びると思ってたんや。でも、腰をやってしまって。中日で2年間だけ一緒にプレーしたんやけど、よく助けられたよ。俺が切れそうになるのを、いつも冷静にしてくれていたんだ。あいつの性格とか何でも知っているつもりやったけど、あいつの方が俺のことをよく知っていた。本当に寂しい。まだまだ一緒に野球の話をしたかったし、遊びたかった。

 ▼有藤通世氏(スポニチ本紙評論家)体調が良くないとは聞いていたが…。彼とは同じ三塁手。現役時代は常に意識をする存在だった。彼は法政三羽ガラスと呼ばれ、東京六大学で活躍。私は関西六大学(近大)出身だったので、そういう意味でもいいライバルとしてプレーしていた。富田がいたから頑張れた、と思う。

 ▼東尾修氏(スポニチ本紙評論家)年齢は私が4歳下だが、ドラフト同期ということもあって非常にかわいがってもらった。実は私がスポニチに初めて登場したのがドラフト後の正月紙面。富田さんと有藤(通世)さんと、1位3人で撮影をした。同じパ・リーグ。私があげたバットで、私から本塁打を打った、というようなこともあった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年5月27日のニュース