FAのサンドバル ブルージェイズとも交渉へ

[ 2014年11月10日 15:57 ]

現在、フリーエージェント選手となっているパブロ・サンドバル (AP)

 現在、フリーエージェントとなっているパブロ・サンドバル内野手(28)がレッドソックス、ホワイトソックスに続いて、ここ数日中にブルージェイズとも交渉すると9日に現地メディアが伝えた。

 今季、ジャイアンツのここ5年で3度目のワールドチャンピオンに貢献したサンドバルは、12年に結んだ3年で1715万ドル(約19億5千万円)の契約が今季で満了。再契約を望むジャイアンツから年俸1530万ドル(約17億5千万円)のクオリファイング・オファーを受けたが、これを拒否してフリーエージェントとなった。

 ジャイアンツはなおも慰留に努めているが、代理人によるとサンドバルは最低でも6年の複数年、総額1億ドル(約114億円)程度の契約を望んでおり、交渉が難航している。

 今季、三塁手を守った選手の合計打率が2割3分4厘、出塁率も2割8分7厘とホットコーナーに苦しんだブルージェイズは、是が非でもサンドバルを獲得したいところだ。

 “カンフーパンダ”の愛称でファンから親しまれているサンドバルは今季157試合に出場して打率2割7分9厘、16本塁打、73打点で出塁率は3割2分4厘をマークした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース