真中監督“緊急捕手”募集 控え野手「1軍生き残り」にも

[ 2014年11月10日 05:30 ]

緊急捕手を募集したヤクルト・真中監督

 ヤクルトの真中新監督が「緊急捕手」を募集した。

 投手陣に課題が残るチーム事情から、投手を多くベンチに入れるために捕手2人制となることが濃厚。ただ、2人制では故障などのリスクから試合途中の捕手交代をしにくいため「控えの野手が(投球を)受けられると、万が一の時にベンチは助かる。1軍生き残りのためにそれくらいできれば」と話し、ベンチ入りを争う野手陣の中から「第3の捕手」になれる存在を求めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年11月10日のニュース