身が引き締まる思い…藤浪、好投も反省忘れず「球数減らしたい」

[ 2014年11月10日 19:48 ]

<日本・ソ日>2回無失点と好投した侍ジャパンの先発・藤浪

壮行試合 侍ジャパン―ソフトバンク・日本ハム連合

(11月10日 ヤフオクドーム)
 中学、高校時代から日本代表を経験している阪神・藤浪だが、プロ入りし侍ジャパンのユニホームに袖を通したことに「光栄なこと。あらためて身が引き締まる思いです」と表情も引き締まった様子。

 「メジャー球に慣れることを優先」(藤浪)し、感触を確かめながら直球を主体に、変化球も交えて2回を無失点。内容には「感触は悪くなかった」と振り返ったが、それでも2回で31球を擁し「球数制限があるので本番ではもう少し球数を減らしたい」と反省も忘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース