2安打で存在感!鈴木、不動の「3番・右翼」打率・545

[ 2014年11月10日 05:30 ]

第1回IBAF21Uワールドカップ1次ラウンドB組 日本7―2オランダ

(11月9日 台湾・台中)
 広島の鈴木がこの日も2安打で存在感を示した。4回1死一塁で左越え適時二塁打を放ち、7回の1死無走者でも中前打。計11打数6安打、打率・545と絶好調で不動の「3番・右翼」を務めている。

 広島の緒方監督から強化指定選手に挙げられている若武者。「調子どうこうではなく、失策でもいいので何かしら塁に出ようと思っている。相手の方が体は大きいけど、なめられたくない」と充実感を漂わせていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース