岩田 大リーグ公式球に苦戦「力めば力むほど、上に抜けていく」

[ 2014年11月10日 21:53 ]

<日本・ソ日>4回2死一塁、死球を与えて嶋(手前)と言葉をかわす岩田

侍ジャパン壮行試合 侍ジャパン0―1ソフトバンク・日本ハム連合

(11月10日 ヤフオクドーム)
 阪神の岩田は不慣れな大リーグ公式球だったことも影響したのか、2回を2安打1失点。日本代表でただ一人、得点を許し、敗戦投手となった。

 「メジャー球を投げたのが4日目。どんな感覚かを確かめたかった」という。3、4回にそれぞれ一つずつ四球を与え、日本の球との違いについて「力めば力むほど、上に抜けていく。変化球は曲がり幅が大きい」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース