柳田 侍でも“ダイナミック”1番!思わず「マジっすか!?」

[ 2014年11月10日 05:30 ]

<侍ジャパン練習>フリー打撃を行う柳田

2014 SUZUKI 日米野球

 日本一のリードオフマンがダイナミックに斬り込む。小久保監督から1番打者に指名された柳田は「マジっすか!?」と目を見開いた後に「慣れていないですが何番でも(やることは)一緒です」と口を真一文字に結んだ。

 「1番」は9月20日の西武戦(西武ドーム)で初めて任された。同24日からは日本一を決めるまでの全17試合で座り69打数27安打、打率・391。指揮官も「ヨーイドンの長打力と盗塁がある。(出塁すれば)送りバント以外にも選択肢が増える」と説明した。

 自慢の長打力だけでなく、いずれもリーグ2位の出塁率・413、33盗塁と高い適性を示し、「とんでもない空振りもするので1番には良くないとみんな言うけど、僕はあえて怖さを」と期待を寄せた。

 集合日だった前日には「こんな日本人がいるのかというところを見せたい」と意気込んだ柳田。1メートル87、95キロのでっかい1番打者は、メジャー軍団にも見劣りしない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年11月10日のニュース