完全復活に手応え!斎藤佑、侍ジャパン打線を3人でピシャリ

[ 2014年11月10日 20:14 ]

<日本・ソ日>3番手で登板し1回無失点の斎藤佑はナインの出迎えを受ける

侍ジャパン壮行試合 ソフトB・日本ハム連合―日本代表

(11月10日 ヤフオクD)
 侍ジャパンの壮行試合が10日にヤフオクドームで行われ、ソフトバンク・日本ハム連合の3番手として日本ハムの斎藤佑樹投手(26)が登板した。

 秋季キャンプでシート打撃に登板した際には、打者5人に対して無安打と好投していた斎藤は1点をリードした6回からマウンドへ。8番・銀次から始まる侍ジャパン打線を見事に三者凡退に斬って取り、この回のみで降板した。

 今季は7月31日のロッテ戦で785日ぶりの白星を手にした斎藤。来季に向けての完全復活を感じさせる16球だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース