DeNA関根 ロイヤルズ青木に弟子入り「全てを盗みたい」

[ 2014年11月10日 05:30 ]

奄美大島でファンにサインをする関根

 DeNAの若手成長株・関根が、12月に都内でロイヤルズの青木と自主トレを行うことになった。共通の関係者を通じ、勇気を振り絞って参加を志願したところ、青木が快諾。「どういう意識を持って練習に取り組んでいるのか、青木さんの全てを盗みたい」と目を輝かせた。

 関根は13年ドラフト5位で東邦から入団。高卒ルーキーの今季は、10月4日の巨人戦(東京ドーム)で1軍デビューし、マルチ安打を放つなど強烈に存在をアピールした。中畑監督も「オーラがある。チームの顔になる雰囲気がある」と将来性を認めている。小学生の頃から憧れの存在だった青木は、同じ外野手で左打ち。外野の定位置獲得へ向け、さらなるレベルアップを目指す上で最高の教材だ。同じ時間を共有することで19歳の若武者が得るものは大きい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース