夏の王者・西濃運輸は大敗…指揮官落胆「歴史つくりたかった」

[ 2014年11月10日 05:30 ]

<日本生命・西濃運輸>都市対抗に続く連続∨ならず肩を落とす西濃運輸ナイン

スポニチ後援第40回社会人野球日本選手権第9日・準々決勝 西濃運輸0―7日本生命

(11月9日 京セラドーム)
 西濃運輸が今夏の都市対抗に続く栄冠を逃した。林教雄監督は「夏秋連覇は本当に難しい。歴史をつくりたかったが、難しかった」と振り返った。

 特に先発の林は初回に自らの悪送球が絡み、2死しか取れずに4失点。阪神などでプレーした元プロ右腕だが「ミスをしてリズムを悪くしてしまった。もっと落ち着いておけば」と乱調にうなだれた。

 ▼日本生命・十河章浩監督(11大会ぶり3度目の頂点に向け)どこが相手でも自分たちは挑戦者。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年11月10日のニュース