阪神 ゴメスが先制&中押し打「自分のスイングできた」

[ 2014年10月25日 20:04 ]

<神・ソ>4回1死二塁、左翼に先制の適時二塁打を放つ阪神・ゴメス
Photo By スポニチ

日本シリーズ第1戦 阪神―ソフトバンク

(10月25日 甲子園)
 巨人とのクライマックスシリーズのファイナルステージで計8打点を叩き出した阪神・ゴメスが日本シリーズでも好調ぶりを見せつけた。

 0-0で迎えた4回1死二塁、ソフトバンク先発・スタンリッジの高めの直球を振り抜くと打球は左翼フェンスにワンバウンドで到達。二塁走者の上本を返した。「力が入りすぎないようにした。球種ではなくファーストストライクから、自分の打てる球を打つだけだった」と虎の主砲。「自分のスイングができたよ」と期待通りの仕事を果たした。

 5回にも2死満塁から左前へ運んで、貴重な中押し点。チームの流れを一気に引き寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月25日のニュース