西武・岸 右脇腹違和感で日米野球辞退 阪神・岩田が出場へ

[ 2014年10月25日 05:30 ]

西武の岸

 日本野球機構(NPB)は24日、11月に行われる日米野球の侍ジャパンに選出されていた西武の岸孝之投手(29)が出場を辞退し、代わりに阪神の岩田稔投手(30)が出場すると発表した。

 西武によると岸はレギュラーシーズン終盤から右脇腹に違和感を抱えていたという。岸は状態が改善されたため秋季練習に参加して調整を続けていたが再び悪化。球団を通じ「代表チームに迷惑を掛けてはいけないと思い、辞退しました」とコメントした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年10月25日のニュース