今宮 走塁を悔いる「ああいう形になったならストップしなきゃ」

[ 2014年10月25日 22:47 ]

日本シリーズ第1戦 ソフトバンク2―6阪神

(10月25日 甲子園)
 日本シリーズで初の先発出場となったソフトバンクの今宮が、二塁打を含む2安打をマークした。守備でも軽快な動きを披露。3回は大和の二遊間への打球を好捕すると、体をひねって送球し、先頭打者の出塁を許さなかった。

 一方、反省したのは3回1死二塁からの走塁だ。二塁走者で投前へ強く転がったバントに反応して三塁へ走ったが、結果はタッチアウト。「ああいう形になったならストップしなきゃいけなかった」と振り返った。

 それでも本拠地ヤフオクドームとは異なる土のグラウンドにも「この球場は好き。伸び伸びできている」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月25日のニュース