16年目で初のWS登板へ ジ軍39歳右腕「夢だった」

[ 2014年10月25日 05:30 ]

記者会見に臨むハドソン(AP)

ワールドシリーズ第3戦 ジャイアンツ―ロイヤルズ

(10月23日 サンフランシスコ)
 第3戦に先発するジャイアンツのハドソンは、メジャー16年目で初めてのワールドシリーズ登板となる。

 現役最多の通算214勝を挙げている39歳右腕は「ここで投げるのが夢だった。感情をしっかり制御して自分の投球をしたい」と落ち着いた口調で話した。青木とは11打席対戦して8打数2安打、3四球で「上位打線でロイヤルズの攻撃の流れをつくっている。いい選手だよ」と警戒した。ブルース・ボウチー監督は「どんな試合でも先発が長く投げてくれるのが鍵」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月25日のニュース