立命館宇治が準決勝へ 大阪桐蔭 天理はコールドで8強入り

[ 2014年10月25日 17:50 ]

 来春の選抜高校野球大会の出場校選考で重要な資料となる秋季近畿大会第3日は25日、京都市のわかさスタジアム京都で3試合が行われ、立命館宇治(京都)は近江(滋賀)との準々決勝で6―2と快勝し、4強に進出した。

 1回戦では、今夏の甲子園大会を制した大阪桐蔭が10―0の5回コールドゲームで日高高中津分校(和歌山)に圧勝。天理(奈良)は報徳学園(兵庫)に10―3で8回コールドゲーム勝ちした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月25日のニュース