ソフトB2軍 連覇ならずも江川特大弾に光

[ 2014年10月5日 05:30 ]

表彰を受けるロッテ・青山2軍監督を見つめるソフトバンクナイン

ファーム日本選手権 ソフトバンク4―6ロッテ

(10月4日 KIRISHIMAサンマリン)
 ソフトバンクは守りが乱れて2連覇を逃した。

 7回に失策から追い付かれると、8回2死一、二塁では、遊撃手の牧原が打球をトンネル。中堅手の送球ミスも重なって2点を勝ち越された。CSを控える1軍への景気づけとはならなかったが、4回に特大のソロ本塁打を放った江川ら飛躍が期待される選手が持ち味を発揮。石渡2軍監督は「成長は見せてくれた。1軍でやるのが一番の目的だし、胸に刻んだものを来年出してほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース