昨年大学野球で来日!強心臓ルーキー・フィナガン初勝利

[ 2014年10月5日 05:30 ]

<エンゼルス・ロイヤルズ>勝利投手となったフィナガン(AP)

ア・リーグ地区シリーズ第2戦 ロイヤルズ4―1エンゼルス

(10月3日 アナハイム)
 ロイヤルズの新人の速球派左腕フィナガンが延長10回を抑え「メジャー初勝利」を記録した。

 「緊張しなかった。緊張したことがないんだ」と強心臓が売り。今年6月のドラフト1巡目指名選手で9月に初昇格し、21歳172日での白星は1985年のセーバーヘーゲンを破る球団のポストシーズン最年少記録。昨年の日米大学野球で来日し「日本は青木みたいな打者ばかり。日本野球から学んだことは特にない」と、物おじせずに印象を述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース