カージナルス 大乱戦制した!乱闘騒ぎもカーショーをKO

[ 2014年10月5日 05:30 ]

<ドジャース・カージナルス>プイグ(背番66)への死球をめぐり乱闘寸前になる両軍(AP)

ナ・リーグ地区シリーズ第1戦 カージナルス10―9ドジャース

(10月3日 ロサンゼルス)
 カージナルスが打線が奮起して大乱戦を制した。

 4点を追う7回に4連打で2点を返すと、カーペンターが2死満塁から走者一掃の二塁打を放ち、カーショーをKO。その後ホリデーにも3ランが飛び出し、一挙8点を奪った。3回にはド軍プイグへの死球をめぐって乱闘騒ぎに発展するなど、初戦からヒートアップ。最多勝左腕から7点を奪ってリーグ制覇した昨季に続くKO劇にマイク・マシーニー監督は「一致団結してくれた」と満足そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース