元ロッテ・俊介 メジャー諦めん!来季も米国でプレー

[ 2014年10月5日 07:02 ]

今季、米独立リーグでプレーした元ロッテ・渡辺

 今季、米独立リーグのアトランティック・リーグ、ランカスターでプレーした元ロッテの渡辺俊介投手(38)が、来季も米国でプレーする意向を明かした。

 この日、リーグ優勝決定シリーズ第3戦で元オリックスの梶本が2安打1打点の活躍を見せるなど、延長13回にシュガーランドに8―7でサヨナラ勝ちして優勝。第2戦に先発し、7回2/3を4安打無失点に抑えて勝利投手となったサブマリンは、来季に向けて「メジャーのキャンプが始まったら、自分の投球をして数字を残せるように準備したい」とメジャー昇格を目標とする考えを示した。今後はオフ返上でベネズエラなどで行われるウインターリーグに参戦し、招待選手として来春メジャーキャンプへの参加を目指す。

 今季は39試合中16試合に先発し、通算120回1/3で8勝2敗、防御率3・36だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース