早大・中村 復調10号だ3安打だ「3本出て楽になった」

[ 2014年10月5日 05:30 ]

<東大・早大>6回1死二塁、左越え2ランを放ち武藤(左)に迎えられる早大・中村

東京六大学野球第4週第1日 早大11―5東大

(10月4日 神宮)
 今秋ドラフト候補の早大・中村主将が3安打2打点をマークし、復調をアピールした。

 6回、外角高め直球を左翼席中段へ放り込み、リーグ戦通算10号の2ラン。初回は中前打、8回には右中間三塁打を放った。ここまで4試合で15打数2安打と苦しんだだけに「3本出て、楽になった。ここから上げていきたい」と安どの表情。週明けにもプロ志望届を提出する予定だ。

 ▼東大・浜田一志監督(81連敗も4年ぶりに13安打)しっかり振れと言ってきたし、選手が振り込んできた結果。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース