首位打者を狙う銀次 5打席連続敬遠に大ブーイング

[ 2014年10月5日 05:30 ]

<楽・オ>9回2死、5打席連続の四球で一塁へ向かう銀次

パ・リーグ 楽天0-6オリックス

(10月4日 コボスタ宮城)
 ブーイングが最も大きくなった。9回2死、楽天・銀次が5打席連続で敬遠気味の四球。対戦したオリックスの糸井と首位打者を争っており「思った通り。最後まで可能性のある限りは諦めません」と前を向いた。

 試合前の時点でトップの糸井と5厘差の打率・326。欠場した相手とは対照的に、打席数を増やすため1番で出場したが、5打席全てで1球もストライクを投げてもらえなかった。7回の第4打席からは観客から「勝負しろ」コールが発生。異様な雰囲気となったが、5連敗で5位以下が確定した星野監督は銀次が走塁ミスを連発したことを指摘し「集中力が欠けとる。あれでは首位打者は獲れない」と厳しかった。残り2試合で、6日の最終戦はオリックス戦。糸井を抜くには、5日の日本ハム戦(札幌ドーム)で4打数4安打が条件となる。先発する同じ岩手出身の大谷から固め打ちするしかない。

 ▼楽天・内田(4回プロ初安打となる三塁強襲安打)次はしっかりしたヒットを打ちたい。

 ≪最多は6四球≫楽天・銀次が5打席全てで四球。1試合5四球はパ・リーグタイ記録で03年中村(近鉄)が5月3日日本ハム戦で記録して以来6度目(5人目)。プロ野球記録は91年落合(中)の10月13日ヤクルト戦での6四球。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月5日のニュース